2013.04.30

洛南高3年生の陸上桐生祥秀、地味な練習を繰り返したわけとは?

陸上の桐生祥秀は、地味な練習を繰り返し行ったことで
栄冠を勝ち取った。

理由は、ズバリ陸上競技に対するひたむきさだろう。

少しでも、早く走りたいと思うだろう。

しかし、他の部員と同じ練習を行い皆と
一緒にグラウンド整備するといった陸上部でのルールを
しっかりと守ってきた。

特別扱いされない上で更なる
高み「0.01秒でも速く走りたい」という目標を掲げ

ひたむきに地味な練習を繰り返しした。

これで、結果が出ないはずがない。

夢の9秒台へ、だだ今青春中!






16:19 | 大分 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | トップページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アンケートモニター登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。